布の選び方

コスプレの衣装製作でとにかく重要な
「布選び」。
布の良し悪し、質感や素材で
完成後のクオリティ(他人からの見栄え)が変わります。

ここでは私が普段から愛用している
コスプレ向きの布を紹介します。

【アムンゼン】

16-05-31-17-27-06-180_photo.jpg

とにかく大好きアムンゼン。
アムンゼン様がいなければ衣装作れない!
というくらい愛用しています。
お手頃価格で縫いやすく、なにより高級感があります。
シワになりにくい点も素敵。
梨地という梨の皮ような見た目の布で
ちりめんなどの生地に似ていて和服に向いています。
色のバリエーションが少なめなのが難点ですが
ポリエステル系染料で染色すればどうにかなります。
光に当たるとキラキラが多めのメロンアムンゼンが
最近のマイブームです。

*この布を使った過去の衣装*
殿方浴衣
吟遊詩人神話装備
占星術師AF

【バックサテン】

16-05-31-17-25-31-770_photo.jpg

16-05-31-17-25-03-347_photo.jpg
(↑こちらは少しお高めのシャンタンの方)

適度なツヤ感と高級感があって見栄えがいいです。
ここで注意してほしいのが「バック」サテンであるということ。
サテンではないです。
※サテンは使用禁止レベル。詳細はページの最後に。
バックサテンは様々な種類がありますが
価格もそれなりなのでお財布と相談しましょう。
探している色が見つからない場合など
「サテンの裏側を表として使う」というテクニックも使えます。
バックサテンの種類によってはシワになりやすいので
あまり大きい範囲で使用するのを控えたり
保管や持ち運びには注意しましょう。

*この布を使った過去の衣装*
占星術師AF
事件屋エリー

【ポリエステルツイル】
制服やかっちりした装備にオススメ。
折り目が細かく滑らかなのが特徴。
ほぼ光沢もないので、落ち着いた風合いの衣装向け。
制服、軍服、ブレザーなどによく使用されています。
布自体に華やかさはないので
派手な衣装には不向きです。

*この布を使った過去の衣装*
カンパニータバード装備

【ポリエステルギャバ】
市販しているコスプレ衣装といえば
ポリエステルギャバ!というほどメジャーな布。
縫いやすくシワになりにくい上に
少し光沢感があり、ツイルよりも軽い生地です。
ツイルより布の折り目がはっきりしています。
発色がよく、鮮やかな色合いが多いのもオススメポイント。
万能な生地と言えるでしょう。

【合皮】

16-05-31-17-28-08-434_photo.jpg

合皮と一言で行っても種類がたくさんあります。
扱いも初心者には難しく
ミシン慣れしている方でもコツをつかむまで苦戦するかも。
造形だけに使っている方もいますが
合皮を自由に扱えるようになると
コスプレのレベルがぐんとアップします。


後記:
他の布を使いたいんだけど?
という方へアドバイス。

コスプレ衣装に使う布はとにもかくにも
「シワにならない」ことが重要です。
家から衣装を着ていくわけではないので
運ぶ際に折りたたみシワが付きます。
コットン素材なんて論外です。絶対ダメ。

そして普段着に使われているような布ですと
「日常感」が出てしまうことにも注意しましょう。
例え作りたい装備が「パジャマ」だとしても
コスプレ衣装である以上は素材を特殊にする必要があります。

逆にギラギラのテカテカにしすぎるのもNGです。
ドンキで売ってるパーティー衣装っぽいさが出てしまいます。
「サテン」が禁止なのはドンキ臭がすごいからです。
心を込めて作った衣装が他人には
安っぽいペラペラな布に見えている可能性もあります。
使用する布は慎重に選びましょう。

この記事へのコメント